無料レポート

ナレッジワーカー意識調査・日本版

Slack では日本のナレッジワーカー 1,000 人に対し、自社に対する意識調査を実施。そのなかから企業が生産性を高めるメリットと、そのために行うべき 4 つのポイントをまとめました。

このフォームを送信することで、Slack からのマーケティング情報をメールで受け取ることに同意します。一旦受け取ったあとは、いつでも中止することができます。

Slack のプライバシーポリシーを表示

ナレッジワーカー意識調査・日本版

このレポートでわかること :

  • 世界と比べた日本の生産性意識
  • 生産性が企業の成長やイノベーションにもたらすメリット
  • 自社の生産性を高めるためにできる 4 つのポイント
  • コミュニケーションを改善し生産性向上に成功した企業の事例(日経新聞社、カクイチ)
Channels

日本では約 7 割ものナレッジワーカーが、自社の生産性について高いとは考えていない。

「ビジョンを共有し、その実現を目指している」項目で、「自社の生産性が高いと思う人」と「低いと思う人」の差は約 2 倍。

企業文化についてのすべての項目で、「自社の生産性が高いと思う人」と「低いと思う人」の差は 3 倍以上。

「自社は業績・人材ともに成長できる」と考える割合は、「自社の生産性が高いと思う人」が「低いと思う人」の 2 倍以上。

日本では約 7 割ものナレッジワーカーが、自社の生産性について高いとは考えていない。

「ビジョンを共有し、その実現を目指している」項目で、「自社の生産性が高いと思う人」と「低いと思う人」の差は約 2 倍。

企業文化についてのすべての項目で、「自社の生産性が高いと思う人」と「低いと思う人」の差は 3 倍以上。

「自社は業績・人材ともに成長できる」と考える割合は、「自社の生産性が高いと思う人」が「低いと思う人」の 2 倍以上。

自社の生産性向上にはチーム全体の取り組みが不可欠。Slack はそれをスムーズに実現し広げていくためのコミュニケーションプラットフォームです。

もっと詳しく