ニュースレター登録で、新しい働き方のヒントが詰まった 5 つのレポートをお届け!

Slack では新しい働き方を実現している革新的なリーダーをお迎えし、今加速している変化に対応するための大事なポイントについて 5 つのテーマ別に話を聞きました。 フォームから Slack ニュースレターに登録すると、テーマ別レポートを 5 本お届けします。 5 つのテーマ:

  • オフィスの時代の終焉
  • アジリティ
  • 組織のオープン化
  • デジタル変革(DX)
  • 企業文化

「ニュースレター」ボタンをクリックしてこのフォームを送信することにより、Slack からマーケティング関連の情報をメールで受け取ることに同意したとみなされます。 メール配信はいつでも停止できます。

http://image.email.slackhq.com/lib/fe5a15707c6c077e701c/m/2/4e04b43a-cceb-411e-917e-cdf02b60b9fb.png

オフィス時代の終焉 仮想オフィスが時空を超えた「つながり」をもたらす

ハイブリッドワークや仮想オフィスなど新しい言葉を次々と目にする今、加速している「これからの働き方」とは?ハフポスト日本版 竹下隆一郎編集長と Slack Japan 代表 佐々木聖治が、「時間のダイバーシティ」や「天才依存型のモデルからの脱却」というキーワードとともに、その全貌に迫ります。

しなやかにすばやく、ボールを打ち返す。企業に求められる新しい指標「アジリティ(機敏性)」とは?

コロナ禍でビジネス自体が予測不可能になった今、企業にはすばやく変化に対応するための力、「アジリティ」が求められています。その実現のために企業が押さえておくべきポイントについて、「ティール組織」の解説者である嘉村賢州さんに聞きました。

埋もれたアイデアを発掘する イノベーションの鍵は組織の「透明性」と「オープン化」

パンデミックをきっかけに、企業内のコミュニケーションは対面からオンラインへとシフトしつつあります。顔を合わせられないなかでも、透明性を高めてイノベーション体質の組織になるためにできることは何なのか、Slack はじめとするデジタルツールはそこにどう貢献するのか、一橋ビジネススクールの楠木建教授が解説します。

パンデミックは日本企業の働き方をどう変えたか コミュニケーションの DX でリアル以上に豊かな対話を

「ニューノーマルな時代に生産性を高めるには、コミュニケーションのデジタル化と、組織の壁を超えた対話が不可欠」。こう話すのは、企業 DX を支援するコンサルタントの藤井保文さんです。DX が進んだ「アフターデジタル」の世界はどんなものなのか、一緒に見ていきましょう。

優先すべきは「企業文化」 「良い文化」を持つ企業の共通点とは

在宅勤務が続くなか、組織の一体感や企業文化の醸成に悩むリーダーが急増しています。組織が同じ方向を目指して機敏に動けるようになるための文化の作り方について、Google で人材育成と組織開発を担ったピョートル・フェリクス・グジバチさんに話を聞きました。ポイントとなる「良い文化」の真髄とは?

Slack なら、文脈のなかでメッセージをやり取りでき、必要な人やファイルを見つけるのも簡単。使いやすいうえにセキュリティも万全です。 オフィスはもう必須ではありません。

詳しく知る